和具の浜 (三重県紀北町)

台風一過の3日後。週末夜は副本部長からいつもの確認が。
副「週末どうします?台風の影響でどこの川も全滅すよ。無理じゃないすか?もう寒いですし」
私(いかん、こいつ仕事納めの態勢に入っている。)「では、作戦Yを決行する。きれいで暖かいところに行く。何も言わず付いて来なさい。無理にとは言わない。私は独りでも行く。」
副「行きますよ。でも、そんなところあるんすか?どこすか?」
私「それは言えん。ミステリーツアーだ。では明日7時に迎えに行く」
翌朝、車は紀勢道を走る。

Waguno1いつものSAのお気にのそばで腹ごしらえ。恒例の食後の器。
副「紀伊半島なんて台風被害が一番ひどかったとこじゃないすか?こっちの川なんて全滅すよ。本当にあるんですか?そんなとこ?」
そう、大台は日本一降雨量が多く「1ケ月で35日雨が降る」と言われている。
で、前回、警官を小ばかにした仕返しであろうか、行く途中捕まった。罪状は「助手席シートベルト未着用」。縛られることが人一倍嫌いな副本部長の凡ミスである。もう一度言うが本当にロクなことをしない人達である。

Waguno2行き先が海と判った副本部長は唖然。「う・・み・・す・・か・・・」全く予想していなかったようだ。
ここは「三重のグァム」と呼ばれているらしい。日本の海で泳ぐのは10年振りくらい。シーズンオフで人はほぼおらず広いビーチを独占。26度晴れ。目の前にきれいな海と熊野の山々が広がる。水は適温。逆に川の水というものがいかに冷たいかを再認識した。



Waguno3向かって左手には、こんなものもある。ちなみにさい銭箱はない。おみくじも売ってない。






Waguno4右手の方がずっと魚影が濃くおもしろい。沖には護岸ブロックが敷き詰められており、魚うじゃうじゃ。





Waguno5アジ玉も。






Waguno6
鯛も。タイ行きたい。





Waguno8その他、左上からウニ、なまこ、スズメダイ、さより、ツノダシ、緑の魚、フグ。で、全く判らないのが右下。何これ?以外にも大物・小物うじゃうじゃ。





海のうねりというものは予想以上で、何度も岩場に身体をぶつけ、2人とも数箇所から出血、打撲多数、指先きり傷だらけ。
それ以上に辛いのは、1日中波に揺られていたので、1日経った今も船酔い状態でユラユラ。
という訳で、すいません、海に浮気してしまいました。もう二度としません。今年は。。。
(2011/9/24)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック