理想のギターを作ろう17 (理想のミニスイッチを付けよう編)

【17.理想のミニスイッチを付けよう】

Selector「いつまでやっとんじゃい」というピックアップ選択。とりあえずハイブリTB16を試奏用に取り寄せて頂くことになりましたが(Tさん、ありがとうございます)、在庫薄で入荷待ち3w。これをリアに付け、シングル切り替え時にSH1と5の切り替えも可とする場合、リアをミニスイッチにすることで、計13パターンの音を出すことができる。

Miniswミニスイッチは、ギター用というのは特になく、今回であればON-OFF-ONタイプの2極双投であればバイクパーツでも何でもいいとのこと。希望は2点。丸頭レバーのもので(画像右上)、キャップを付けれるもの。Fernandessで「いかにもギター用です!」というような顔して売っているものは2,000円近くするが、普通に探すと本体325円+キャップ21円で買える。マニアックな電子パーツ屋で注文し、近所に住む同僚にとってきてもらった。

Position2どこに付けるかである。画像左から①標準系、②1Vol、1Tone型(愛器Moon G5)、③標準的なミニSW位置。希望は2点、Vol操作の邪魔にならないこと事、5WayPUセレクタ操作の邪魔にならない事。この2つが満たされなければ付ける意味はない。よって、④のようにVolとToneの間を可能な限り空け、5wayPUセレクタから離れたToneの向こうに付けるという形しかない。ピックガード穴あけは一発勝負、失敗は許されない。


20120512最終ツヤだし研磨が終わり、あとちょっとの乾燥期間を、高価なPRSに囲まれショーケースで待つボディ君。ネックもエッジを落としてラウンドを付けてもらった。あとちょっとで組み立てに。

(2012/5/12)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック