片知渓谷 (岐阜県美濃市)

毎日週末の天気予報を確認する。しかし、コロコロ変わる上、よく外れる。泳ぐのに太陽は重要。雨と言いながら降らないのを怒る人は少ないが、逆はキツイ。前夜、片知(かたじ)渓谷へ行こうと決め、yahoo天気で「晴れ」を確認した美濃地方が、朝刊では「曇り」になっている。am6:00更新yahoo天気は「晴れ」のまま。「どっちだ?まぁ、降らなければよし」と、車を走らせるが、向かう先は分厚い雲に覆われているのが判る。

Katachi1片知渓谷は、高賀渓谷、粥川渓谷と同じ標高1163mの瓢ヶ岳(ふくべがたけ)を源流に持つ渓谷。風情は粥川渓谷とそっくりだが根本的に違う。こっちは、ある程度整備されており、人が来やすい土壌がある。ボルダリングマットを背負って谷に消える若者、登山口に車を止め自転車でダウンヒル/ヒルクラする人、重装備のシャワクラご一行様。みんな思い思いの方法で楽しんでいる。



Katachi2岩が大き過ぎて遡上するのも大変。というか、NewBalanceのシューズ。。。期待外れもいいところで全然だめだった。2度こけた。
他の場所でも泳いで見たくなり、一旦着替えようとした時、ちょっと前に現われたカップルの女性と目が合った。「すいませーん、着替えまーす」と叫ぶも、滝の音にかき消され「何ですかぁー?」と。「着替えまーす」「何ですかぁー?」。で、パンツを拡げ、着替えるマネをしたら、ようやく理解してもらえゲラゲラ笑われた。この娘となら、この志村ケン的コントをずっとやっていたいと思わせる美人であった。


Katachi3で、場所を変え千畳岩へ。BBQご一行様が陣取るが、お構いなしに潜る。水美しく、あまご天国の淵もあり、イワナ2匹にも遭遇。クツの調子がよければ、もっとズンズン遡上したいと思わせる清流である。







YouTube: 清流岐阜県片知渓谷




(2012/9/9)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック