伊吹山 (滋賀県米原市、1,377m)

Ibuki1
一昨日は御嶽、昨日は近隣の山、気付くと今朝はここにいた。さぁ、登ったる伊吹山1377m。8:20みんな登山道に吸い込まれて行く。圧倒的に若い人が多い。


Ibuki2
ハァハァゼェゼェ汗だくでたどり着いたのは、たった二合目。これの5倍?無理だ!何か身体だるくて足が全く動かない。リタイアしょっかなぁ。。。でも子供も登ってるし、もうちょっとだけ行ってみっか。


Ibuki3
やっと五合目。伊吹山全貌と向き合う。自販機ある。なんつぅー国じゃ。見上げれば、頂上という砂糖を目指すアリのように、登山者の列がジグザグに、遥か上まで繋がっている。あんな上まで歩けん。。でも頂上見えたからもうちょっとだけ。


Ibuki4
やっと八合目。汗の量ハンバなし。振り返ると「すごい、こんな所まで登ってきた」。調子出てきたし、ここまで来てリタイアはもうない。


Ibuki5
12:50やっとこさ頂上。登山者+ドライブウェイ組みでごった返し。日本武尊の像はこの山のシンボル。


Ibuki10
琵琶湖どっかぁーん。360度の大パノラマ。頂上は頂上で探索できる。これがこの山の人気の理由であろう。


Ibuki6
頂上は売店だらけ。なんかチープで楽しい。山頂に極めて不釣合いなソフトコーン!


Ibuki7
ソフト15種類!(17あるやないか!)。下は23種類だぁ!(24あるやないか!)


Ibuki9
とりあえず一等三角点を探しタッチ。小一時間、下界を見下ろし下山。登り3.5時間、下り2.5時間の12km/7時間。ハードではあったが、大杉谷に比べれば普通のハードさだったと言わざるを得ない。登山消費カロリー計算サイトで算出したら。。。。ソフト18個ぐらいの3,588kcalだった。ガリガリ君なら60個ぐらい。


Ibuki11
前から行きたかった醒ヶ井へ移動。丹生川には、でっかいニジマスと鯉がたくさん泳いでる。養鱒場に着くが、駐車場も、入園も有料でしらけたので引き返した。
集落に戻り、おばちゃん掴まえ「ハリヨはどこに行けば見えますか?」と聞けば、「普通の川にはもういない」と。ありゃ。。。



Ibuki12
帰宅後、靴下を脱ぐと、内出血でドス黒い親指が。登山は身体にいいんだか悪いんだか。しかし体重は明らかに落ちている。山頂についた時点では夢の60kg台だったかもしれない。腹筋も割れ出して。。。ない。恐るべし脂肪。
ハリヨやバイカモについて調べると、醒ヶ井でなく、手前の醒井の地蔵川だった。でも、地蔵川のハリヨは交合種となり真正ハリヨは絶滅しているとのこと。ありゃ。
ということで、「xx川」とは名ばかりの、「俺だよ、俺、川だよ」という詐欺的山レポでした。みなさんも、こういうのにひっかからないように。

(2013/5/4)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック