秩父の山巡り② (大菩薩嶺 2057m)

次の山は大菩薩嶺。 予定では上日川峠駐車場から猿投山様レベルで登れる箸休め登山であるが。。。

2018010301
何と12/31まで開いていたゲートが、1/1から冬期閉鎖となっており、かなり下の丸川峠分岐駐車場から7:30スタート。


2018010302
こんな感じ。 予定の3倍歩かないといけなくなった。


2018010303
結構な風で寒い寒い。 ネックウォーマしていても、顔がイタイ、耳がイタイ、足がイタイ、と「イタイ」連発で上日川登山道を歩く。 V字で風はしのげるが、ものすごい量の落ち葉が雪より邪魔くさい。


2018010304
1時間50分でやっと上日川峠着し、一服。


2018010305
「おはよう、富士さん。今日も美人やで」と言っても、誰も笑ってくれない独り事。


2018010306
積雪あるがツボで十分。 アイゼンは不要と予測し、スパイク2種類だけ帯同。


2018010307
足の痛みに耐えながら11:15分、雷岩に到着。


2018010308
甲府の盆地が美しい。

2018010309
100mほど行くと山頂。 眺望はなし。


2018010310
下りは丸川峠経由の周回。 途中年配ご夫婦と擦れ違いざま立ち話をすると、何と守山からの方で猿投山話で盛り上がる。


2018010311
丸川峠小屋に立ち寄り、小屋管理人の親父さんとしばし談話。 15:00頃無事下山。 


2018010312
近くて安いスパを探すと「ぶどうの丘 天空の湯」なるところを発見。 丘の上にあり、この絶景が湯舟から拝める。 お薦め。


2018010313
スパを出た時にはトワイライトモードに変身。 その後、更に北上をするが、また飯を食うところがない。 辿り着いた最後の街北斗市だが、田舎特有の「ふれあい会館」なるものが出現し、「ヤバイ、この先に食うところなんてある訳ない」と踵を返し、韮崎まで戻り、スーパーで食材買い出し窮地を脱し、次の登山口を目指す。

2018010399
予想外に箸休めにならず、普通にヘビーな山行となった。

(2018/1/3)

コメント


管理者のみに表示