吉野の旅②.川迫川渓谷

大台ヶ原山下山後、次の山に一番近い天川村へ移動するため、すんごい山道を走る。

017081750
「泳げる川ないかなぁ」と計りながら川迫川(こうせがわ)沿いに車を進めると、どんどん素晴らしい川風情となってきてウホウホ状態。 そしてスゴイ淵に出会い、車を停め覗き込む。 「なんじゃ、こりゃぁ。。。。すげぇー」。 数々の美しい川を見て来たが、ここまでスゴイのは滅多にない。



017081751
吸い込まれる色。 相当深い。



017081752
居ても立っても居られず川スノーケラーに変身し、飛び込む。 潜ってびっくり。 遥か先まで見通せる透明な水に、アマゴ、アユがワンサカが泳ぐ。 深い淵なんて、アマゴが空を飛んでる。 ここまでの美人はそうそうお目にかかれない。 飽きることなく魚と戯れる。
しかし。。。。。ゴミが多い。



017081753
足の状態は、一進一退を繰り返し、完治まではまだまだ。



017081754
流れ込む支流は、イワナ生息の世界最南端の地、永久に釣りは不可。



017081755
御手洗渓谷に移動する。 すごい人。



017081757
若い男女のパーティが引き上げるのを見ていたが。。。。。イスもクツもプカプカ遊具も置き去りに。 駐車場には置き去りにされたBBQの残飯ゴミ袋が。。。車が汚れるのがイヤなら、川遊びに来るな。 こういう人間のエゴが見えるから、人気の川には来たくなかった。 娘には、そういう事をしても何とも思わない男とは付き合って欲しくないし、息子にはそういうことをしようとする仲間がいれば「意地でも持って帰る」側に立って欲しい。



017081758
で、夕食。 カレーパン+レトルトカレー。 両者酸味が強いてイマイチだった。 



017081801
天川村で食料品の調達に出るが、ろくすっぽ店はなく、観光案内所で聞いた「この村一番」に行くも、満足な食材なく、明日の山メシのバナナと菓子を購入。 今日の寝床は、キレイなトイレありの天川村役場。

(2017/8/18)

コメント


管理者のみに表示