吉野の山巡り①.大台ヶ原山 (1,695m)

7日間の中四国の山川行を終えクタクタ。 しかし一日休んだら山が恋しくなったので「また、ちょっくら行ってくるわ」と言い残し、もう一旅へ。 百名山もう2つ制覇するため2泊3日で吉野へ旅に出る。  


017081701
天理教の恩恵をありがたく感じ、夜の東名阪国道25号をぶっ飛ばす。 ここ一週間でどれだけのトンネルをくぐったことやら。 夜中1時に力尽きPAで寝る。



017081702
朝6時に起き、宇陀市の道の駅でせんと君に会う。 東京芸大の教授がデザインして採用したが、県民の8割から「気持ち悪い」とNGを食らった。 しかし、その問題が全国的に報道されたことにより、一気に認知され、認められた不思議な存在である。 いわく付きの生い立ちがゆるくないゆるキャラである。 よーく見ると、やっぱ気持ち悪い。 デフォルメが足りず、半分以上人間的なところが気持ち悪さの主因であろう。



017081703
どんどん山奥に踏み入ると、岩壁にこんなものを発見。 誰?と思うと、後でその名が出てくる山林王。



017081704
大台ヶ原ドライブウェイに入る。 どんどん高度を上げる。 ガス多いが、そんなのは山では当たり前のこと。



017081705
9:45駐車場着。 



017081706
教会があるのは知っていたが、鳥居マークとは? 調べると興味深い記事を見つけた。 
これ、と、これ

自分の吉野のイメージは「最後のニホンオオカミの地」である。ニホンオオカミは、大神、山犬とも呼ばれ、山との関わりは深い。 1905年にここ東吉野で捕獲されたのを最後に絶滅したとされる。 しかし近年でも目撃談はあり、「まだ生きている」と捜査している人達もいる不思議な生き物である。
偶然、今日の新聞に「38年ぶりに対馬でニホンカワウソ発見?」という記事が出た。(残念ながら糞のDNA鑑定でユーラシアカワウソっぽい)。 ちなみに、これが最後の映像で、昔から何度も見た。




017081708
ということで、ビジターセンター横から入山。 大杉谷から踏破しなければ、意味はないが。。。



017081707
平坦な遊歩道を歩く。 「ひと月で33日雨が降る」と呼ばれる大台の森には思い入れがあり格別である。



017081709
汗をかくこともなく展望台へ。 何も見えん。



017081710
ちょっと登ると、ほどなく頂上展望台が見えて来た。



017081711
宮標石発見!



017081712
登り出し30分で三重県最高峰、100名山大台ヶ原山こと日出ヶ岳ピークハント。。。。なんか切ない。 これで登ったと言っていいのだろか。。。
下山時に何故か左足が痛いことに気付くが、それ以上は気にせず。



017081713
駐車場の売店でピンゲット。 たこ焼き(6個/400円)はおいしかった。 その後、眠いので絶景を見ながら爆睡。



017081789
桂のかぁ。。。。



017081790
100名山の中で、一番簡単に(しかも、ダンチに簡単に)登れてしまう山。

(2017/8/17)


コメント


管理者のみに表示