中四国の山巡り③.にこ淵&安居渓谷 (高知県)

四国に移動し、仁淀ブルーを愉しむ編。

大山下山後、エンジンをかけると異変。 エンジンランプが灯きっぱ。 かつてない。 昨日のはエンジンオイルランプである。 整備手帳で調べると「エンジンの異常、すぐにお近くのダイハツへ」とあり、ナビで調べると米子にダイハツあり、ヒヤヒヤで辿り着くと「誠に勝手ながら8/11-8/16まで休業します」の張り紙。 「なに勝手に休んどんじゃい。。。(自分の事は棚上げ)。 ヤバー、この旅も序盤で終わりかぁー。。。」 しかし、代替策は思いつかず、発想を転換し「何とかなるさ、ダメになったらその時はその時。 電波の届かない山奥で動かなくなったら助けを呼ぶこともできず絶対絶命だが。。。まぁ何とかなるさ」、と下道で愛媛を目指す。 金はないが時間はいくらでもある。 



2017081116
何とか倉敷に辿り着き、瀬戸大橋が一望できる鷲羽山(112m)に登り、「瀬戸わんや、日暮れてんや」と口ずさむ。
瀬戸大橋だけは金を払わないと四国に上陸できないのでここだけは高速利用。 できたての頃(30年前)は最短区間だけで4600円もしたが、今は1300円程度なのもうれしい。 真ん中の与島SAに立ち寄り、夕焼けに照らされ黄金に輝く瀬戸内海を見ながら、「若いとんかつ、誰もがんもどき」と口ずさむ。 エンジンランプは消えない。



20170811xx
結局、ダイハツ探しのロスもあり、目的の愛媛県西条市に辿り着けず、香川県観音寺市の道の駅で車中泊③。



2017081201
朝起きてエンジンをかけると奇跡が。 エンジンランプが消えた。 ラッキー、何だったかよく分からないがエンジンオイルを変えたことの影響だろう。 さぁ今日はオフ、山モードから川モードにギアチェンし、仁淀ブルーを目指す。



2017081202
讃岐山脈・四国山脈を抜け、高知県いの町という相当な山中の仁淀ブルー聖地「にこ淵」へ。 



2017081203
朝9時というのにすごい人一杯。 急な下りだが山登らーにとっては屁みたいなもの、と油断していると。。。。


2017081204
濡れた階段で足を滑らせ、ズデデデデェーと思いっきりコケた。 皮ズルむけ、肉が見えてゾッとする。 「ヤバっばぁー、今日は泳ぐのに。。。」と凹む。 (グロ画像なので小さく)



2017081205
すごい急で、一本道のため、鎖場は長い順番待ち。



2017081206
深い谷にあり、朝早かったので、光が射しておらず、この私を感激させるほどではなかった。 光が真上から射さないと、極上の色を醸し出さないのは予想していた。



2017081207
更に深い山中を爆走し、仁淀ブルー聖地「安居渓谷」へ向かう。 通る川はどこも超絶美しく、「もう誰でもいいから入れさせて・・もとい、もうどこでもいいから入りたい」状態。



2017081208
「すごい山の中」の3乗ぐらいの安居渓谷着。 驚愕の美しさ。 初めて魚飛渓に出会ったときの感激に近いが人一杯。



2017081209
足は痛いが、そんなことは構わない。 



2017081210
この状況で泳がなかったら一生後悔する。



2017081211
スポットライトを浴び舞う清流の貴婦人。 



2017081212
見たことのない美しい蝶が舞う。



2017081213
ひとしきり泳いだら買い出しのため、1.5時間/80kmをかけ、再び四国山脈を超え西条市に戻る。 ドンキやドラッグで氷やら絆創膏やら虫さされ薬を買い出し後、本日3度目の四国山脈越えで石鎚山の裏登山道を目指す。

(2017/8/12)

コメント


管理者のみに表示