中四国の旅②.伯耆大山(1709m、鳥取県)

いよいよ大山の山行編。
三徳山下山 → エンジンオイルランプが灯きビクビク → 倉吉市とやらのオートバックスでオイル交換 → 米子の皆生温泉街で格安スパ入泉 → 買い出し。 

2017081101
夕刻モンベル前の大山登山口駐車場着、車中泊②。 



20170810xx
今日の出来高。 爆睡の夜中1時に隣に車が停まり、ライト灯けて、ベラベラ喋りながらナイトハイク準備のおばちゃん一行。 寝てる人多数なのに非常識。。。。耐えきれず、先に来ていて、しかも叩き起こされた私が、空きエリアに移動した。 どうせ、人に迷惑をかけているなんて微塵も感じない人達だろう。



2017081102
この山に登るに当たり、どのルートにするか最後まで悩んだ。
 1.一番メジャーな夏山登山道
 2.宝珠越からの剣ヶ峰狙い
 3.文珠堂からの剣ヶ峰狙い
結果、日射病が怖かったのでハゲてないメジャーコースから5:30エントリwith水1.5リッター。



2017081103
キツイ登り坂、汗だくで三合目。 大体、一合目自体がかなり上にある。 下山時、この辺りで登りヘロヘロ女性から「すいませぇーん、この登り坂一体いつまで続くんですかぁ。。」と聞かれたので「八合目まで行けば勝ち組です。そこまで急登が延々と続きますよー。 延々です。」と慰めの言葉を返す。 そう平坦部一切なく延々と急登オンリー。 しかもずっと歩幅の合わないありがた迷惑の階段。



2017081104
五合目の山の神。 好きだなぁ山の神の碑。



2017081105
六合目の休憩所。 汗ダクもいいところ。 最低だったのはここでアブに刺されまくったこと。 5か所ぐらい。



2017081106
ここら辺から展望が拡がる。 日本海側の平野部はくっきり。



2017081107
雄大かつ険しい大山北壁。 「宇多田ヒカルよく登ったねぇー」と誰かが言う。 (これ



2017081108
ようやく九合目。 肌寒い。



2017081109
色々な花が咲き乱れる。



2017081110
禁断の剣ヶ峰へのルートはあきらめ。 このガスでは生きて還れない。



2017081111
登り出して2時間50分の8:20ピークハント。 汗ベッタベッタ。 前髪が横山ノックというかタムケン風。 でも曇っていてよかった。 カンカン照りだったら暑くて脱水症状になっていただろう。



2017081112
寒いくて避難小屋兼売店に逃げ込む。 



2017081113
鉄筋造りで安心感たっぷり。 イイ小屋である。 眠いので朝の二度寝。 屈強な背負子二人がペットボトル1ケースずつ担いで来た。 この急登りをスゴイ。 山小屋が多い富士山はブル、八ヶ岳はヘリで効率的に運搬するのである程度価格が抑えれるが、こういう単独山の山小屋1棟では背負子頼みでしかない。 ペットボトルは550円で最高レベルに高いが、こういうのを見ると安く思え、金を払えば頂けるのは本当にありがたいことと痛感する。



2017081114
四国に移動せねばならない身なので、そうそうゆったりもできず10:00下山。 六合目に降りると、登ってくる人続々。 この後かなりの雨で何度も雨宿り。 登って行った人は最悪だったろうに。



2017081115
12:30駐車場着。



2017081189
山の日だったのもあり、家族連れ多数で遠足的な山であるが、普通にキツかった。



2017081190
でも禁断の剣ヶ峰行きたかったなぁ。。。。

(2017/8/11)

コメント


管理者のみに表示