秋葉山 (866m、親孝行はできる時にやる編)

今日は齢80歳となった母親を誘い秋葉山へ。 小柄で、運動経験もないのに、身体はピンピンしている。 たまに猿投山様には登るが遠征登山は初である。  
選んだのは火の神様「あきはさん」。 みんな「あきばさん」と呼んでいるが誤っている。 秋葉原はこの神様を祭ったので「あきはばら」である。 「あきばさん」が正解なら、「あきばばら」となってしまう。

川マニアなので気田川は何度も来ており、土地勘はある。 天気はいい。 新東名のおかげで、昔より時間はかからない。
2017050201


雰囲気のある参道から登る。
2017050202


傍らの民家の庭先だが、幾種もの花がすばらしくきれいで見惚れた。
2017050203


この登山道、ずっと常夜灯が設置されており、また何町目の碑や標もずっとある。 明示されていないが多分全路50町ぐらい。 
2017050204


結構な急登りが延々と続き、やっと富士見茶屋跡。 爆汗だが風が気持ちいい。
2017050205


傍らにはハート石が置かれた木。 この先、同じようにデコされたいくつかの切り株に出会う。
2017050206


子安観音。 安産成就のため、穴を空けた柄杓が供えられている。 安産成就→底なし柄杓は一般的である。 そもそも妊婦がここまで登ってきたら、流産しそうである。 これ以外にも色々な説明標識があり、登っていて飽きが来ない。
2017050207


深南の山々。 富士山もくっきり見えるらしいがガスで叶わず。
2017050208


仁王門。 左右に仁王像。
2017050209


秋葉寺境内。 神社より古いらしいが、神仏分離の煽りで日蔭の身に。 これまた「あきはてら」でなく「しゅうようじ」が正解。
2017050210


巨杉秋葉杉が続々と現れる。 びっくりする位太く、神々しい。 これらだけでも一見の価値あり。
2017050280


神門から格下げされた随神門。 ひいこら登ってきて、見えた時は結構感激。
2017050211


爆汗で2時間で境内へ。 左の石は神恵岩とやら。 こんな岩にしめ縄して、ご利益を求める人間という生き物はおめでたい生き物である。
2017050212


磐田ジュビロの必勝祈願巨大絵馬。 母親曰く「興冷め」と。
2017050214


ニノも来たみたい。 母親的には「二の宮君が来てる!」とテンションup。
2017050215


予想以上に、登り甲斐があり、面白い登山道で、母親も喜んでいた。 奢るはずで、奢られた、夕食の安い中華料理も喜んでもらえ、いい親孝行ができた一日だった。 この山はお薦め。 
2017050299

(2017/5/2)

コメント


管理者のみに表示