雪の猿投山様 (629m)

52回目の誕生日プレゼントは雪。 脅すに脅した天気予報に反し、中途半端な積もり具合。 溶けないうちに登らねばとホームに向かう。 駐車場は空き気味だが、思った以上に登山者は多い。 車に常備しているスパイク3種から一つをザックに入れ入山。


大岩展望台。登り出し0℃であるが、登っていると汗。途中で一緒になった三好の女性と登りも下りも一緒に。
sanage2017011501


何百回も通ったいつもの登山道も、いつもと違う。最近ハマっているルートも今日はやめて、人間が歩く道を。
sanage2017011502


山頂に近づくと雪化粧が濃くなり、どんどんイイ感じに。
sanage2017011503


いつもの東の宮も、いつもと違う。厳かである。
sanage2017011504


「うぉー!きれい!」。 いつもの山頂も、いつもと違う。
sanage2017011505


私だけかと思ったが、物好きは予想以上。女性も多い。みんな、白いかりんとうと、白い線香花火に「きれー、来てよかった」と声を上げる。」
sanage2017011506


予想以上に木々が美しい。
sanage2017011507


陽が当たると輝き、美しさ倍増。
sanage2017011508


思いの外、私の足元に興味を示された方が数名。 みんな軽アイゼンだが、アイゼンは、脱着が難儀、かじかんだ手ではなおさら、岩場が歩きにくい、緩む、氷がへばりつく、それなりの重さ・金額、履くタイミングが難しい。 そもそも道に優しくないし、そもそも人気のある山の登山道はある程度踏み固められているため、アイゼンでなくても用は足りる。
これに比べ、このスパイクは数秒で脱着可、ヤフオクで500円程度、超軽量。 この手の商品は色々あるが、この10ピンでパカっと履けるモデルが一番良い。 10個のピンのうち、数個なくなっても問題なし。 通勤にも使える。
sanage2017011509

(2017/1/15)

コメント


管理者のみに表示