毛無山 (1946m、富士山1周の旅 その1)

「雪冠の富士山を、間近から、遮るものがない状態で見たい」と思い、夜の高速をブッ飛ばす。長年ずっと練ってきた計画は、毛無山→雨ケ岳→竜ケ岳→本栖湖→バス戻りの縦走ルート。一番難しかったのはバス。どこで上降車するのか、土日追加便があるやらないやら、土地勘なくよく判らないので、富士急山梨バスに問い合わせ。ちょっと横柄なおばちゃんに「そんなことも知らないのぉ」的に教えてもらい、計画確定。
さぁ登ったるぞ、と、朝霧高原に向かう。


深夜24:00頃、登山口着。予想外に雪だらけ。漆黒の世界で爆睡。朝5時アラームで起きる、まだ漆黒の世界。6時に再セットし二度寝。
kenashi01


6時に目を覚ますと「富士山どっかぁーん!」。美しい。。。。日本の宝。国道沿いのきれいなトイレに移動し、日本の宝を見ながら歯磨き。
kenashi02


寝ていたのは、富士山を一望できる広大なオートキャンプ場の隣だった。こんなところで1日過ごすのも最高だろうな、。
kenashi03


登山口に戻り、500円駐車場に停める。先着3台くらい。小銭持ち合わせなく、アタフタしていると、男性が「後からでいいですよ」と。さぁ、標高差1100m、3時間の急登との闘い開始。
kenashi04


入山すると結構な岩山の雪山だった。
kenashi05


30分くらいでかなりの落差の不動の滝とやらに。日本で一番多い滝の名前のような気がする。
kenashi06


時々晴れ間も見えるが、基本ガス。天候読めず、頂上から富士山は見えるのか。。。
kenashi07


樹氷が素晴らしい。青空に映える。ひたすら急登で汗だく。
kenashi08


とにかく樹氷が美しい。途中から、駐車場で声をかけてくれた男性と一緒に登る。この山を何十年も計2300回登っている管理人とのことで、色々詳しく教えてくれた。
kenashi09


とにかく樹氷が美しい。初の山だったので写真も撮りたかったし、前回の脱水症状→結石もあり、こまめな給水もしたかったので管理人さんと別れる。
kenashi10


とにかく樹氷が美しい。来てよかった。
kenashi11


今回の新兵器はこれ、CASIO SportsGear。高度計、温度計、気圧計付きモデルを探し、プロトレやSUUNTOも検討したが、ちょっとお高いので、これにした。使ってなかったG-SHOCKをヤフオクで売り、Amazonで新品購入。差額なくゲット。標高が判ってしまうと、「まだこんだけ??」と、めげることあり、一長一短。
kenashi12


延々と雪の岩場。ロープ場は10か所ぐらいあり。
kenashi13


汗だくで、ようやく8合目の富士見展望台。登れば登るほど雲の中で、全く見えず。。。。しかし、すごい樹氷。雲の切れ間から見える朝霧高原もきれい。危なくなってきたのでスパイク装着。
kenashi14


9合目でやっと稜線。ここまでひたすら急登り。ようやく超ダクの汗が止まる。自分の体重を1000m上げることの大変さを痛感。
kenashi15


樹氷、最高レベル。「白いかりんとう」っぽい。
kenashi16


巨大な線香花火の「もみじ」っぽい。
kenashi17


やっと頂上。3時間ちょっと。寒い寒い。何も見えない。。。。はるばる遠くから何しにきたのだろう、私。。。
kenashi18


樹氷をばっさばっさヘディングしてきたのもあり、髪の毛は凍っている。多分氷点下10℃くらい。たばこに火をつけたし、指に感覚なく、10分格闘。そこまでして吸いたいかぁ?→吸いたいです。やはり機能したのはBICのライターだけ。
kenashi19


すごい樹氷。雨ケ岳に縦走するか悩むが、あまりの寒さに何度も足が痙攣すること、トレースないとのことで断念し、「ここまで来たのだから、20年ずっと行きたかったあの場所に行こう!」と予定変更し、ツリまくる足にムチ打って、急いで下山することに。
kenashi00


5合目のヘリ救出エリアで、この日2回目登りの前述の管理人さんと合い、また談笑。変に「俺は山のことは何でも知ってるぜ」的に自慢せず、とても感じのいい人だった。「富士山見えず残念ですので、また来ます。また声かけてください」とお別れ。
2時に駐車場着。小銭がない状況は変わってないので駐車代踏み倒し、もとい出世払い。
「前半終了。さぁ、あの場所へ」と、山中湖目指しアクセル全開。上九一色村で、ようやく恥ずかしがり屋の富士山が姿を見せた。
kenashi20

続きは「川マニア」で。

それにしてもyahoo天気予報には、ここのところダマされ続けている。富士宮市、終日晴れマークだったのに。。。。いいなぁ、間違えても誰にも糾弾されない仕事って。。。

(2016/3/12)

コメント


管理者のみに表示