荒島岳 (1,523m)

ずっと猿投山様にしか登ってなかったので、何としてでも100名山に登ろうと計画したGW。連休8日間の半分仕事であるが、半分遊べるのでよしにしよう。
今回は相撲取りのような名前の荒島岳。深田久弥の地元の山であるが、100名山の中で知名度は高くなく、1500mちょっとなので、それほど手強い印象もない。
朝4:30に自宅出発。かみさん実家方面の慣れた道を走る。さて、どんな山だろう。

朝7:00前、勝原スキー場跡登山口着。結構な車。気温9度だが、「真夏日予想だし、陽も上がれば暑くなるだろう」と薄着を選択。
arashiima1


登り始めてすぐ、何度も登っている福井の60代男性、滋賀から来た関西弁のアラフォー女性と一緒に登ることになった。男性は森永卓郎似であり、女性はとてもチャーミングな人で、誰かに似ているが思い出せない。とても感じのいい人だ。いつもはソロだが、3人であれこれ山情報を交換しながら登る。
arashima2


序盤は、こんなブナ林を歩く。新緑がさわやかで、手強い感触はない。経ケ岳や白山が木々の間からチラホラ。
arashiima9


道中、カタクリやら色々な花が咲いていて、男性が説明してくれるが、花に疎い私にはさっぱ。
これはトトロの木とやら。数年前までは無名であったが、急に命名され、看板やら柵まで作られたとのこと。
arashima6


徐々に急登となり、雪渓とご対面。木陰を登ってきたが汗ダラダラ。すでにシャツ1枚。
arashiima10


2.5時間でしゃくなげ平。ここまでの朝稽古も結構キツいかったが、ここから頂上までの1時間は、さらにヘビーな急登。
arashiima11


シャレにならない汗の量。目に入る爆汗を何度も拭う。元々汗かきな上に、更年期障害もあり病的な大汗かきとなり、全く登山に向いていない体質の私。汗をかけば、水筒の水が減る。私の登山は水との闘いである。水がなくなるのが何より怖い。
無意識のうちに雪渓の雪を掬い固め、顔中にこすり当てながら歩く。これ大正解。気持ちいいことこの上ない。発汗も収まり、水分も摂らなくなる。一番気色持ちいい場所は、小鼻の横。ツボである。結局、登りも下りも、ずっと氷を握っていた。春山の知恵。
arashiima21


登っても登っても終わらない「ぶつかり稽古」のようなキッツイ階段を終え、ようやく頂上が見えた。同行の女性は、既にすっぴん。
arashiima13


やった!頂上の祠が見えた!駐車場からジャスト4時間。
arashiima14


白山をバックにひと時の相方とパチリ。山ガールはみんなピンクである。「女性はピンクのウェア以外で登山してはいけない」と法律で規定されているのでしょうがない。一方、私は、大汗でTシャツも変色。野良仕事中のオヤジではありません。
arashiima15


360度遮るものは何もない。白山、別山も手にとるように。これが見たかった。
arashiima17


南を見れば能郷白山どっかーん。手前の山は、抹茶ケーキのような美しさ。
arashiima20


雲もない晴天。おかげで超日焼け。もう一回言いますが、野良仕事中のオヤジではありません。
arashiima18


下山も3人。私のバテバテペースに付き合ってくれたことを詫びると、「いいんですよ、私は目的もなく、ただ山を歩いているだけで楽しいんですよ」と言ってくださった森永さん。この言葉素直に共感できました。
しかし、この女性、誰に似てるか道中ずっと思い出せない。。。。「あっ、解った!!(大好きな)マナカナの口調だ」と気付いたのは駐車場直前だった。
お二方、ありがとうございました。また、どこかで。

それにしても、想像していたより、遥かにヘビーだった荒島岳への出稽古。
残念なのは、「最後まで全貌が見えずに頂上についてしまう」ことである。大野市側から見ると小荒島と並び、非常に美しいらしいが、九頭竜側から来た私は結局荒島岳の山容を知ることもなく終わった。
雪渓の氷がなければ窮地に陥ったであろう暑さ、また何に登ったかでなく、誰と登ったかが心に残った、登り4時間+下り3時間の山行。
ごっつぁんでした。
arashiima99

0.猿投山の達人-43.こんなところに猿投山の話」に関連記事も記載。

(2015/5/2)

コメント

こんばんは♪
荒島山、結構ハードだけど、登り甲斐ありそうですね〜。
山頂の景色は抜群ですね!
今回は旅のお友達も出来て、楽しい山行だったのでは(*^^*)
でも山頂の写真、奥様見たら家庭紛争になりませんでしたか?(笑)
No title
こんばんわ。

景色はすごくよかったです。
周りは山ばっかで、色々な山が見たことのない角度から見えて満足です。
ここの売りは、雪の白山なので、本当は真冬に登ろうと画策していたのですが、あの険しさ+雪では、私ごときではちょっと難しいかと思っております。

同行女性、本当に感じのいい人でした。
マナカナ大好きで、人生で見に行けなくて一番後悔しているライブは彼女達のライブです。
うちの奥さんはできた人間なので、こんなことではビクともしません。
うちのかみさんの凄さは、兄ぃーやんがよく知ってます。

GWは猿投×3+荒島の成績でした。
mokos先輩のGW山レポ待っています。


管理者のみに表示