伊吹山 2015冬

雪山に登りたい衝動を抑えられない。この冬ロックオンしている雪山は2つある。
その一つは伊吹山。1日で11mという積雪世界記録を持っている山。風速10m以下の日は年に5日しかない山。平均気温は稚内と同じ山。1500mにも満たないのに不思議な山である。

久々の連休。9-12時だけ「曇り」の予報に悩むが、雪が少なくなってきているという情報に焦りを感じていたので、「行くしかない!」といざ出陣。
BGMは最近お気に入りのFuzzyControl(吉田美和のダンナのバンド)。
ETC不調で関ケ原出口であたふたしたが、かなり遅めの9:30登山口駐車場着。おばちゃんの「値切ってでも客確保」の口振りに便乗し、500→300円。(えぇ大人が値切ってすんません)
防水スプレイかけて、ゲイターを。。。。。あちゃ、また忘れてもうた。気温3℃。
20150207_01

二合目までは雪なし。その代わりドロドロ。靴に泥がこびりつき、ズボン汚れまくり。
20150207_02

三合目手前のコーナーを曲がると、伊吹山全貌とご対面。一気にテンションが上がる。天気はよい。雪山には青空が似合う。
20150207_03

三合目でアイゼンを装着し、ガッツガッツと歩く。
五合目で天気予報通り、ガスが出だしたが、「まぁ、大丈夫やろ」とタカをくくる。
既に汗だくでシャツはベタベタ。顔からは汗が噴出し、目に入る。タオルを絞れば、ボタボタっと高濃度の親父汁が滴り落ちる。
20150207_04

とにかく登る。夏はジグザグの登山道を登るが、冬は道はない。よって延々と直登。休む場所もない。尋常じゃないエラさ。
20150207_05

とにかく登る。
20150207_06

琵琶湖を背にして、とにかく登る。汗ボタボタ。
20150207_07

とにかく登る。登山者は結構いるが、6合目を過ぎると誰も喋らない、喋れない。聞こえるのは、ザックザックとハァハァ、ゼイゼイだけ。恐ろしい汗。胸のボタン全開。シャツはベタベタ通り越して汗浸し。塩分補給の塩キャンディを口に含む。
20150207_08

こんな急斜面を一歩一歩、先人の足跡をなぞり登る。感覚的には垂直。意識朦朧、思考能力ゼロ、無の境地に達している。この辺りの記憶は飛んでいる。
20150207_09

下山者はへっぴり腰。滑落する人多々。かなりのスピードで、数10m滑り落ち、映画のようにピッケルを地面に突き刺し何とか止まる人多々。体力がなくなっている帰りを考えると不安だが、とにかく登る。
一番キツイ七・八合目あたりは、30歩進んで10秒立ち休憩を繰り返す。敗退は頭にない。ヨチヨチでも足を前に出せば、いつかは頂上に辿り着けるのを信じているから。
20150207_10

ヘナヘナになりながら、やっとこさ九合目!ここまで来れば登ったも同然。
20150207_11

稜線に上がれば緩やかな傾斜。天気もよい。遮るものは何もない。
20150207_12

白イノシシの神様の祠が見えてきた。やったぁ。。。勝った。。。。。
20150207_13

山小屋売店は雪の下。1Lの水筒の冷たいお茶も残りわずか(私は真冬でも冷たい飲み物しか飲まない)。ラーメン用に持ってきた500mlの水は飲み水に周さざるを得ない。
20150207_14

着いた。。。。喜びひとしお、寒さひとしお。
20150207_15

猿投山様祭神の弟君の碑でパチリ。気温はマイナス5℃くらいかな?雪焼けで顔真っ赤。しかし、なんちゅう格好や。。。。
20150207_99

越美の山をバックにパチリ。動かなくなると、汗浸しの身体が急冷され、「ピキっ」の音とともに、何度も足がつる。かなりヤバイ状況。あまりの寒さに、半分凍ったおにぎり1個を食べ、30分くらいで、つりまくる足にムチ打って下山。
20150207_17

そして、下山時に雪山の恐ろしさを知る。
滑落した。ほぼ垂直に思える一番急なところで、足をとられ、尻餅をついたと思ったら、全然止らず、どんどん加速し、急斜面を30mくらい滑り落ちた。アイゼンの歯とストックで、止まると思ったが、制御不能な状況に、冗談抜きで焦った。ガケがあるような場所ではないので、命の危険は感じなかったが、滑り落ちる先に、人の塊が目に入った。「ヤバイ、ぶつかる!」と人間ボーリングが頭を過ぎったが、必死で踏ん張り、何とか5m手前で止まり、事なきを得た。
何か様子変と思い見ると、30代の女性が木に挟まり、イタイイタイとうめいている。滑落し、木に激突することで何とか止まれたが、肩を脱臼し動けなくなり、同行の男性が救助を求めに下山したとのこと。ザックを外すのを手伝い、楽な体勢にしてあげること以上どうすることもできないので、励ましの言葉を残し、下山の足を進める。雪と格闘すること1時間ちょっとで3合目に到着。プロペラ音が聞こえ、見上げると、オレンジの県警ヘリが山上を旋回。山岳警察、消防団の姿も。どうやって運搬するんだろう、山岳保険入ってるのかなぁ。。。と下世話な心配。
しかし、自分が滑落するとは思ってもみなかった。制御不能の状況に陥り、人間の無力さを思い知らされた。やはり、雪山、自然をナメてはいけない。
20150207_99

(2015/2/7)

コメント

こんにちは!
冬の伊吹山に行かれたんですね。
あの延々続くジグザグがスゴイ大変だった記憶がありますが、雪の時は直登なんですね!( ̄▽ ̄)
聞いただけで大変そうです。
山頂は売店とかはすっかり雪の中なんですね。
帰りは遮るものがないので、ツルっと行ったら怖そう(>人<;)
逆に思い切ってソリ持参で行くとか(^_^;)
山頂から赤い自販機の所まで一気に行けそうじゃないですか?(笑)





No title
mokos先輩こんちわです。

伊吹山、登りたくて登りたくて、数ケ月前から、ずっと身体がうずいてました。
昨年末からピークに忙しくて、ずっとタイミングを計っていたところの晴天。
「もう登らないと、雪がのうなってまう!」と決行した次第です。

ソリ、スノボ、スキー持参の人もおり、私も一度滑落した後は、「滑り落ちることが楽しいのね」と判り、尻スキーで相当の距離を滑り降りると、あっという間に自販機でした。
毎冬、この山登ろうと思います。

mokos先輩は、冬は休業ですか?
寒さ和らいだ頃、スーパーmokos人になって登りまくってください。


管理者のみに表示