鎌ケ岳 (鈴鹿山脈、1,161m)

秋深し週末の天気を確認すると、鈴鹿地方が晴天マーク。「よっしゃ、御在所の隣の尖ったあの山へ行こう」と決定。
セブンシスターズ3女の鎌ケ岳は、一番アルペンな山で「鈴鹿の槍ヶ岳、マッターホルン」と呼ばれているらしい。立てた計画は、本谷ルート→御在所岳→武平峠道→直登ルート→鎌ケ岳→三ツ口ルート。。。結果は。。。
kamagatake01


朝7:30スカイライン中腹着。駐車場、路肩、どこも満杯。御在所山の人気の高さを改めて知る。てきとーな下調べの記憶で、いきなり本谷ルート入り口をロスト。「まぁ、鎌ケ岳が先で、御在所は後でいっか」と、スカイライン左手ルートを登り、まずは武平峠を目指す。
kamagatake02


尾根道を進み、「岩場まだかなぁ」と思っていると、ちょっと岩場。
kamagatake03


登るべき鎌ケ岳が見える。ムッターハムもとい、甲斐駒っぽい。
kamagatake04


景色もよくなってきた。
kamagatake05


「直登ルート」とやらはどこだろうと思いながら進むと、「左けわしい」の文字発見し進む。「うぉー、結構アルペン」。三点支持に気をつけ登る。
kamagatake07


そして2時間弱で山頂。寒っぶい寒っぶい。寒いのは予想内で、今日は冬支度で臨んだ。薄いウィンドブレーカーレベルの防寒着の人たちは、「いいですねぇ、ダウン」と羨ましがる。10万もらっても譲れない状況。20万なら。。。。。考えてもいいが。
kamagatake08


そしていつもの一枚。ロシアの人ではありません。風びゅーびゅーで、バランス取るのも大変。危ない危ない。
kamagatake09


北には御在所くっきり。
kamagatake14



東には光り輝く伊勢湾くっきり。
kamagatake10


南にはこんな険しい岸壁、稜線も3000m級並みの景色に近い。
kamagatake11



「さぁ、御在所へ」と向かう途中、携帯が震える。届かなくてもいいトラブルメール。部下に出社調整するも、誰も調整つかず、自ら出社すべく、泣く泣く駐車場に方向転換。。。。とほほ。帰り道リス君にも遭遇。念のため本谷ルート入り口も確認。
kamagatake13


夜調べると、登りたかったのは本谷でなく一の谷ルートであった。全くをもって、計画からズレまくりの一日であった。
kamagatake99


(2014/11/15)

コメント

No title
こんばんは♪

思わず笑いました~!
ロシアの方だったんですね(笑)
そして、我が家も1週間前に行った所です(^^;)
でもnakajiさんの方がお天気良くて、
見晴抜群でしたね~!
鎌が岳、我が家もリピ決定ですよ(*^^*)
No title
こんばんは。

mokosブログ見て、びっくりしましたよ。
1週間違いでしたね。
「この山、お薦めですよ」と言おうとしていたところですが、薦める前に進んでいたんですね。
頂上で出会っていたら、大笑いになるところでした。

ちなみにボルシチとやらは食べたこともなく、被っているのも帽子ではなく、しまむらで買ったネックウォーマです。
温かくって、冬山には重宝してます。

冬は、いつもこの大好きなダウンとジャージですが、こうやって見るとファッションセンス0以下のマイナスですね。
でも、寒い冬山にはこの格好が自分には合っているのです。
モコモコダウンにザックのベルトを締めると、タコ糸で縛ったボンレスハム状態ですがどうにもできません。
「山はファッションで登るものではない」と思っているのですが、もうちょっとマシな服装にせねば。。。。

管理者のみに表示