宮川 (三重県大台町) 2013

7月も中盤。毎日いい感じに暑く、順調である。7月は暖かい三重に行くに限るという事で、四週連続で三重へ。カルピスでも持って、最高レベルに深く美しい淵に住むコイ君夫婦に暑中見舞いに行こう。

宮川はデイキャンプは特に規制がないが、夜間キャンプは5箇所に限定されている。その内の1つ某キャンプ場へ。。。。。。。ない!淵がない。まるでキツネにつままれたよう。自然の力?人間の仕業?コイ君夫婦も見当たらない。呆気。しかし、鮎だらけは変わらない。


YouTube: 清流 三重県 宮川 (鮎乱舞)




Dscn0874_2地元の子供がヤスで巨大なニゴイを付いていた。「これ食べるの?」「食べません」(歯切れよく礼儀正しい少年だ)「食べないなら殺さないでよ」「尾を持っていくと100円もらえるんです」。聞くと、対象はニゴイで、魚協に持っていくと100円もらえるらしく、今日の収穫は6匹とのこと。想像するに、ニゴイ君を「小魚を食べてしまう害魚」として、漁協が駆除を推奨しているようだ。子供の小遣い稼ぎにはいいだろう。しかし疑問が。。。国は自治体に川の管理をまかせる→地元の魚協が鮎を放流する→金をかけて放流したことを理由に鮎でなく川を私物化する→金を払う釣り人は歓迎で、勝手に泳ぐよそ者は邪魔者→釣り人を多く呼ぶには鮎を増殖させる必要がある→増殖のためには、元々生息していたニゴイも邪魔者→駆除すべき。川は誰のものなのだろう?みんなのものというのはよそ者のエゴかもしれないが、間違いなく言えるのは「漁協のものではない、そこで生きる魚のもの」。泳いでいると、上の道から叫び声がした「おーい、君達、釣り人の邪魔するなよ、いいかぁ!!」


そんなこんなで、満足できるポイントが1/10に減ったが、今日は新しい発見があった。ギギの巣を見つけた。大小10匹くらいが泳ぎまくるが、とにかくすばしっこい。


YouTube: 清流 三重県 宮川 (ギギ)




(2013/7/20)

コメント

No title
ギギの巣いいですね~
泳いでる横でニゴイの鮮血なんて見てられない・・・
せめて嘘でも食べるためって言ってほしい・・・
No title
ギギたくさんいました。こんなにたくさん見たのは初めてです。
ニゴイの件は、川に住む人たちの暮らし、文化、考えの話なので、よそ者は何も言えませんが、ちょっと変だと思った次第です。

管理者のみに表示

トラックバック