段戸川 (愛知県豊田市)

気温の上昇に比例して、ヒット数も急増するこのブログ。「暑ければ泳げばよい」単純明快な方程式が動物のDNAに刻まれている。愚息からも何年か振りに「今年は川行きたい」というか「行ってやってもいいぜ」という御言葉を頂いたので、ありがたくお連れさせて頂く。毎週、土曜日は川、日曜日は山を繰り返し、クタクタの夏であるが、今週は気分を変えて土曜日は山、日曜日は川にしてみた。(予想通り、ほとんど気分変わらず)


「グダグダしてると連れて行かんぞ」とお坊ちゃまに声をおかけするも、一向に起きられる気配なし。全く判っていない、夏は早起きして遊ぶものだということを。そんなことではロクな大人になれない。出発遅れ、近場に方向転換せざるを得なくなり、以前下見した段戸川のポイントへ。
Danto1


マスクを着け、自分で写真を撮り、「川なう」とツイートしようにも、圏外である事に気付かないお坊ちゃま。
Danto2


潜ってみると、鮎わんさか貴婦人もチラホラ。親子2人で川に腹ばいになり、魚の観察会。気温は多分28度くらいで、水は結構冷たい。
Danto3


15m幅の巨大な一枚岩の上を川が流れる。ちょっと泳いで、イスでうたた寝していると、陽も翳り肌寒い。本当に寒くなってきたので、早めに切り上げ。
Danto4
しかし下界に下りると、暑いの何の、もわぁーっとした空気がキショイ。「こんな暑いんだったら、もっと泳いでればよかったね」と後悔。帰路、横切った香嵐渓を見ると、信じられないくらいの人が泳いでいてびっくり。

(2013/8/4)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック