大千瀬川 (愛知県北設楽郡東栄町)

夏真っ盛り。何はともあれまず川。かみさんからは「あんた毎日毎日何しに川行ってるの?」、同僚からは「川でスノーケリング?はぁ?」と半分馬鹿にされながらもとにかく川。川に潜れば日頃の嫌なことも人生の悩みも全てリセットされウホウホ状態。
Tsutanofuchi本日遊ばせて頂いたのは愛知県の東端、静岡と隣接する東栄町という山深いところ。去年から狙っていた「三河のナイアガラの滝」こと蔦の淵を初めて訪問。インターネットで見るとチンケな滝かと思っていたが、いやいや幅70mくらいで結構な迫力。プチ観光地で展望台があり代わるがわる観光客がくるので、趣味中年太りのブーメランパンツのメタボラー四十路親父はちょっと恥ずかしくもあり。しかしそんなやわなハートでは川スノーケラーはつとまりません。それにしても「三河のナイアガラの滝」とは。。。たまりませんなぁこのチープな響き。日本三大○○と同じくらい胡散臭さテンコ盛りでそそります。ちなみに日本三大清流は四万十川・長良川・柿田川、日本三大暴れ川は利根川(坂東太郎)・筑後川(筑紫次郎)・吉野川(四国三郎)、日本三大急流は最上川・富士川・球磨川だそうな。比較的大きな川のため水温は適度。「僕の家は肉屋です」的な6人家族(重量計0.6トン以上)の家族がきたところで更に水温は2度は上昇。Tutanofuchijpgさて潜って見ると。。。なんじゃこりゃ!のびっくり仰天の世界。気持ち悪いくらいに魚だらけ。丸々と太ったアユも足の踏み場もないほどウジャウジャ。多分何千匹のレベル。今まで潜った川の中で魚影の濃さは紛れもなく一番。竜宮城を通り越し養魚場のような感じ。もしくは魚風呂といった按配。mixiに動画2本掲載しました。(2007/8/12)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

最上川と羽州浜街道 (街道の日本史) 定価: ¥ 2,415 販売価格: ¥ 2...