神崎川 (岐阜県山県市神崎)2007

この前ようやく始まったと思った2007年夏も気付くと終盤戦。9月です。うかうかしてられません。ここから飛距離をどれくらい伸ばせるかが川スノーケラーの腕の見せどころ。なんせまた300日待たなければ夏は来ない。死ぬ気で遊ばなくてはいけない悲しい運命を背負った川スノーケラー。しかし今年の夏は全体的な暑さが足りませんなぁ!極端に暑い日もあったが全体的には暑さがちと足らず、8月下旬から肌寒さを感じるとは何事だ!日本の夏の風上にも置けん!数日前まで「週末は雨」の天気予報で諦めて他の予定を入れていた9/1。何故か前日に晴れマークに急変。「川へ行けという神さまの声がはっきり聞こえた」と訳のわからない言い訳をし先約をドタキャンしいざ神崎川へ。

Kanzaki2これぞ渓流という涼しげな急流です。




Kanzaki6Kanzaki7本日遊ばせて頂いたのはこんなところ。午前中は独占禁止法に抵触しそうなくらい大自然独り占め状態。覚悟はしていたが水の冷たさはやはりかなりのもの。去年同様ファーストエントリは呼吸が乱れっぱなし。例えるならクールビューティってやつですかねこの娘は。泳いで身体が冷えれば日光浴。皮膚がジリジリすればまた水中へ。また身体が冷えれば陸に上がり日光浴。眠くなれば石畳で大の字。こんなに自由でいいのだろうか?と小さな罪悪感も感じつつ川三昧の1日。こう見えても淵はかなり深く、アマゴ6、アユ2、ウグイ2という割合の岩ゴツ系の急流。
Muge神崎川の本流武儀川です。ナイアガラっぽい人工滝。

(2007/9/1)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

岐阜県の大垣に仲の良い友達がいるのでよく遊びに行きますが、のんびりしてていい町ですね。今日はそんな岐阜県について解説します