板取川 (岐阜県関市旧洞戸村)

お天気お姉ぇさんが言う「うれしいお知らせです。この週末を乗り切れば気温もぐーっと下がりますよー」はぁーん?何言ってやがんでぇーこの娘。大体こういう美人は子供の頃からチヤホヤされて育ってきて、フラれた事は1回だけどフッたことは10回以上の学生生活を過ごし、大学祭ではミスキャンパスになり、自分の短所は?と聞かれれば「おっちょこちょいなところ」と答え、TV局という半芸能界みたいなところで更にチヤホヤされ、毎週浮かれてコンパして、気象予報士資格も持ってないのに解説して、それを週刊誌で非難され、猛勉強したら見事合格し、「私は美人なだけでなく、頭もよく、努力もできる」をアピールして、野球選手との結婚を機に独立し、旦那が引退して金がなくなったら離婚し、芸能界に復帰して、そのうちIT企業の社長とフライデーされ、記者会見で「お騒がせしました、ただの友達です」としらを切りまくるような類の人かもしれない。信じるか!とTVに向かってつぶやきたくなる。(すいません、お天気お姉ぇーさん方、最近意味もなく荒れています)そんなこんなで鈴ムシなく今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?私は川に夢中です。寝坊した副本部長からの「迎えに来い!」のTELでお迎えさせていただき日本の真ん中へ。

Itadori009121豊田支部長Sさんからの情報を元に郡上八幡経由で板取上流へ。(Sさんありがとうございました)。かみさんには内緒である。何故かというと郡上はかみさんの実家で数年行っていない。「あんた私の実家には来ないのに、自分の遊びでは行くのね」と小競り合い間違いないからだ。夫婦たるもの上辺は仲良くしておいて損はない。

Itadori009122深い深い、きれいきれい。やはりこの川は標高差が少ないので魚の量はハンパじゃない。ぶっといアユ、アマゴ、ウグイがわんさかわんさ。






Itadori009123犬も特訓である。夏でも毛皮を着ている犬君には冷たい水は格別であろう。






Itadori009124帰りは旧道の峠から幾重にも重なる山々の向こうに巨大な御嶽を臨む。でけぇー。で、八幡市に戻り平甚でざる蕎麦を食す。
(2010/09/11)

コメント

No title
始めまして。少し前から見させて頂いております。

先程、板取りから帰ってきたのですが行かれていたのですね。(今日なのかは?ですが)

基本は子供連れなので近い(1時間)板取りが多く、
今年は、天気に恵まれ毎週のように行っておりました。

ですから1週間ごとに鮎が大きくなり数量も増えていくのがわかりました。今年は雨が少なく岩に苔が多く付いていたのも関係しているのかな?今までで大きさ&量ともに一番でした。^^

今年はページでも御紹介されていました魚飛渓にも初めて行きましたが日帰りでは勿体ないので来年は泊りで遊びつくしたいと思っています。

長文になりましたが、また寄らせて頂きます。^^
No title
ご訪問ありがとうございます。
おっ!日にち間違えてました。
ご指摘ありがとさんです。
板取は名古屋からの時間と水質を考えると一番パフォーマンスがいい川ですね。

またお越しください。
お茶も出さず失礼しました。
No title
こんにちは~
私も11日に板取に行ってました!
名古屋からこんなに近くてこんなにいい川がある、宝物ですね。

あ、スイマセン付知の時の滝下の行き方は解決しました。(恐らくですが)どうもありがとうございました。
No title
ありゃ!同日板取においででしたか・
板取の難点は食材買い込む場所が少ないのところでしょうか。

付知、降りれましたか、よかった。
深い二段目で泳ぎました?
川のmy法則がありまして、橋があるところは、両岸が狭くて岩盤が固いところに橋を作るので必然的に岸壁に囲まれた深いいい淵が多い、ということです。二段目は今は人工的ですが、潜ると昔の名残が垣間見え、とっても岩ゴツのいい淵であったと推測できます。

またお越しください。
お茶も出さずに失礼しました。

管理者のみに表示

トラックバック