2010年09月の記事 (1/1)

宮川 (三重県宮川村) 2010

ドラゴンズもグランパスも首位を走る9月後半。暑いと言えば暑いし、寒いと言えば寒い。「心頭滅却すば火もまた涼し」の逆で「まだ十分暑い」と自己催眠をかける。さぁーどこへ行こう。暖かい三重県に行こう。

Miyagawa第四のポイントを探し上流へ。いい淵みっけ。






Miyagawa0亀みっけ。でも重機で川底を掻き混ぜた感がありかなりだめ。ということで早々とあきらめ第3のポイントへ。






Miyagawa1「ピンポーン、ちわーす、いる?」と、主の隠れ家を訪れる。今日は2人ともご機嫌さんで何回も出てきてくれた。「ちょっと太ったんじゃない?そんなにでかくなかったよねぇー」久しぶり見る鯉君Sは巨大だった。2人は仲良しである。おくさんは旦那の後ろを常に半歩下がっている。




Miyagawa2で、帰路、奥伊勢SAの激ウマそば¥380を。うまーい。とにかく汁がうまい。何度も「あーうまいなぁ」を連発した。とっても幸せ。
(2010/9/18)

板取川 (岐阜県関市旧洞戸村)

お天気お姉ぇさんが言う「うれしいお知らせです。この週末を乗り切れば気温もぐーっと下がりますよー」はぁーん?何言ってやがんでぇーこの娘。大体こういう美人は子供の頃からチヤホヤされて育ってきて、フラれた事は1回だけどフッたことは10回以上の学生生活を過ごし、大学祭ではミスキャンパスになり、自分の短所は?と聞かれれば「おっちょこちょいなところ」と答え、TV局という半芸能界みたいなところで更にチヤホヤされ、毎週浮かれてコンパして、気象予報士資格も持ってないのに解説して、それを週刊誌で非難され、猛勉強したら見事合格し、「私は美人なだけでなく、頭もよく、努力もできる」をアピールして、野球選手との結婚を機に独立し、旦那が引退して金がなくなったら離婚し、芸能界に復帰して、そのうちIT企業の社長とフライデーされ、記者会見で「お騒がせしました、ただの友達です」としらを切りまくるような類の人かもしれない。信じるか!とTVに向かってつぶやきたくなる。(すいません、お天気お姉ぇーさん方、最近意味もなく荒れています)そんなこんなで鈴ムシなく今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?私は川に夢中です。寝坊した副本部長からの「迎えに来い!」のTELでお迎えさせていただき日本の真ん中へ。

Itadori009121豊田支部長Sさんからの情報を元に郡上八幡経由で板取上流へ。(Sさんありがとうございました)。かみさんには内緒である。何故かというと郡上はかみさんの実家で数年行っていない。「あんた私の実家には来ないのに、自分の遊びでは行くのね」と小競り合い間違いないからだ。夫婦たるもの上辺は仲良くしておいて損はない。

Itadori009122深い深い、きれいきれい。やはりこの川は標高差が少ないので魚の量はハンパじゃない。ぶっといアユ、アマゴ、ウグイがわんさかわんさ。






Itadori009123犬も特訓である。夏でも毛皮を着ている犬君には冷たい水は格別であろう。






Itadori009124帰りは旧道の峠から幾重にも重なる山々の向こうに巨大な御嶽を臨む。でけぇー。で、八幡市に戻り平甚でざる蕎麦を食す。
(2010/09/11)

桃源郷

とうとう見つけた。。。。。
渓流に逆らいながら誰もいない沢を上り続け、いくつもの大きな岩を踏み分け、いくつもの美しい淵を泳ぎ渡ったところで突如目の前に現れた。。。陽の光を拒む岸壁に囲まれていた。息を呑むようなエメラルドグリーンに光輝く淵。2人ともしばらく失語症に陥った後、絶叫した。ライジャケを脱ぎ捨て泳ぎまくった。名付けた「桃源郷」と。

Togenkyo_2そして僕は鳥になった。

(2010/9/5)

太田切川 (長野県駒ヶ根市)

お天気姉ぇーさんが言う「9月ですがこれからしばらくも暑いとしか言いよーがありません」。うふっ。9月に入ってもフル回転で薪を炊いている松の湯並みの今夏。観測開始113年で一番暑いらしいが来年もまた更新されるような気が。大統領になり損ねたゴアさんが「不都合な真実」で訴えていた通り異常な気温上昇が止まらない。しかし太陽は不思議である。中心が気体か液体か判明してないが、中心で生まれた熱が表面に伝わるのに200万年かかり、表面から地球へは2秒らしい。よって熱は200万年2秒で届くとのこと。まぁ誰も計ったことはないので何とも言えないが。

Otagiri1分割夏休み4日目。さぁどこに行こう。行った事がないところに行きたい。で、このブログで知り合ったSさんの情報を元に目指せ駒ケ岳!




Otagiri2とっても不思議な川。段々畑さならがら階段状の堰が幾重にも。こういう作りにすると魚影はほとんどなく出会った魚はアマゴ2匹だけ。浅瀬ばかりだが水は真水レベルで本当に気持ちいい。北を見れば中央アルプス木曽駒。

Otagiri3南を見れば南アルプス甲斐駒。温泉みたいな写真。





Otagiri4堰がいっぱいあるのでブクブクジャグジー。帰りは高速を使わず雄大な南アルプスに併走して153号で。夕日を浴びた赤石山脈は本当に美しかった。今日は「かわ」でなく「やま」を満喫した1日でした。
(2010/9/3)