2010年05月の記事 (1/1)

天竜川水系 (長野県飯田市近辺)

GWの高速は使い物にならず。名古屋近辺はどの路線も50kmの渋滞だらけ。そういうときは国道で「スイスイ、スーダララッタ、スラスラ、スーイのスーイ」と。目先の値引きに惑わされ大切な時間を浪費するなら最初から国道。「時は金なり」。いやいや「金以上」。副支部長とともに夏向けの下調査として、山頂に雪を残すアルプスを見ながら天竜川の支流をくまなく調査。とにかくすごい、山という奴は。「やま」と言えば「かわ」なのである。2人は遠い昔からつながっているのである。これからもずっと支え合い、切磋琢磨、ご指導ご鞭撻、切っても切れない金太郎飴なのである。天竜川は濁っているが支流はどこもかしこも清流だらけで大満足の旅。

201005021225000_2阿智川。落合監督が現役時代に毎年冬にキャンプをした昼神温泉郷近辺。清流です。












201005021253000_2天竜川。さすがの水量。背景には北アルプスの雪山を臨むがちょっと判りにくいかな?氾濫時の最高水位の碑があったが信じられない高さであった。河近辺に住む人の歴史は河の氾濫との戦いであった。南アルプスも北アルプスもめっちゃキレイ。








201005021416000_2万古川。ここはすごかった。どうやって行くのかもよく判らなかったが「見逃したら遭難」みたいな小さな案内板を信じて道なき道を走り続け、道がなくなるところにある秘境中の秘境。まさに清流。清流過ぎて魚は住んでいないのが難点。









201005021523001_2遠山川。すばらしい川との噂を聞きつけ一度お目にかかりたいと思っていた川。第一印象は親戚の気田川そっくり。これまた清流。











201005021630000_2和良知川。これがまた素晴らしい。清流。イチオシ。いい淵がいくつもあるが、車を停めれるところがほぼ皆無。さぁどうする!











201005021723000_2以前行った売木川。透明度は前述の川々には落ちるがとっても深い淵。
(2010/5/2)