2009年08月の記事 (1/1)

豊川 (愛知県北設楽郡設楽町)

動きません高速。どこもかしこも平気で15kmの大渋滞。気付くと真夏日は2日しかなかった8月も最終週。9月に暑さは戻るのか?「残暑は厳しい!」といういつもの9月に戻れるのか?ここからが川スノーケラーの腕の見せ所というか冷水我慢大会。

Toyokawa今日は豊川へ。数年前の国土交通省水質調査で日本一になった川。。。。どこが。。。ありえない。先週の宮川は長年日本一の実績を大盛りの納得するも、今週の豊川君どうな訳?あまり綺麗な川に行くと、そこそこの川に行けなくなる苦悩。人間は欲深い生き物でどんどん欲望がエスカレートする。
(2009/8/29)

宮川 (三重県多気郡大台町)

一向にカラっとしない夏である。ちなみにダイヤモンドの重量のカラットはCaratで金の純度のカラットはKaratである。そんなことはどうでもいいがとにかくカラっとしないのである。まぁいい、どうせ川スノーケラーは濡れるのである。しかし晴れないと川と水中の美しさが半減、体温が復活しないので太陽は必須アイテムである。

Miyagawa1本線2車線+合流2車線=3車線という小学生の足し算もできなかった方々のお陰で第二名神作ってから毎日ゲキ混みの東名阪を抜け、神々の山・熊野から流れる神聖な宮川へ。宮川行くなら銚子川と思ってこれまで訪問させて頂いたことはなかったが銚子川の混みようにちょっと辟易し出したのもあり憧れの宮川へ。本当に風情がある。何なんだろうこの神々しさ。




Miyagawa2今日遊ばせて頂いたのはこんなとこ。久々のノンビリ系。青さ、流れ、淵の深さ、アブの少なさとも完璧。





Miyagawa3潜った瞬間絶叫。まるで水族館。綺麗すぎ、魚多すぎ。久々の魚風呂。風邪気味で「今日はセーブするわ」と言っていた副隊長もティーエイジャーのように「やばい、ココやばい、面白すぎ」を連発。さすが清流日本一に何度も輝いた名川。ここまで美しいとは。




Miyagawa4三重の川は本当に魚が多い。邪魔なくらいに魚だらけ。しかし邪魔なのは人間。ここは魚達のテリトリー。鮎7、ウグイ3、アマゴ0.5。副隊長は1mのニゴイか何かを発見したらしいが私が何度も捜査しても見つからず。(ドリフのコントかいなぁ)




Miyagawa5やはり熊野の山々は美しい。何重にも重なる山の端(は)。神様が住んでいる。しかし宮川大輔はおもしろい。







(2009/8/22)

柿其渓谷 (長野県南木曽町) 2009

27年振りのクラスを企画開催し興奮冷めやらぬ2日後「はっ」と目覚めた。「いかん今は真夏だ。他ごとにうつつをぬかしていてはいかん。集中!集中!」と心のでつぶやく。それにして今年の夏は暑さが足りん。夏の風上にも置けぬ夏である。辞書をひくと「夏とは1年で一番暑い季節」とある。かっこいい。四季の中で一番かっこいい。しかしお天気お姉ぇさんがいう「秋雨前線が現れました」。お姉ぇさん、押し戻してくださいそんなもの。
今日は柿其へ。ハードロックをかき鳴らし木曽路を独り走る。

Kakisoreそんな人差し指立ててダメと言われても入らせて頂きます。昔いしかわじゅんがこの手を集めまくり解説していたのはゲラゲラ笑った。



Kakisore1とうとう見つけたかもしれない「マイ川」。素晴らしすぎる。楽しすぎる。美しすぎる。




Kakisore2朱斑点なしアマゴとヤマメの区別は私にはわからないが、そんなのたくさん。しかもでかいでかい。




Kakisore4どアップ。自分で自分を撮るのはオマヌである。





Kakisore5帰りは恋路橋を渡りテケテケ歩いて黒淵へ。深い緑。





Kakisore6急な勾配を登り、また下ると牛ケ滝の正面へ。落差20mはあろうかかなりの迫力。まさに自然が創り上げた自然美。もまれてみたい滝つぼで。







やはり帰り道あの曲が聞きたくなりCDを探しボリュームアップ。

♪♪♪
退屈なイルミネーション ざわめく都会のノイズ
ステレオタイプの毎日が ほら蜃気楼の彼方に消えてく
~ 
One and only darling 流れ落ちる 川の水しぶき
Fly with me,darling 舞い上がる 虹のスコール
世界で いちばん 大きな太陽
いつまでも 夏を焼きつけて

(2009/8/17)

根羽川 (長野県下伊那郡根羽村)

まぁそれなりの夏らしくなり暑い訳です。うれしい限り。ということで甲子園球児並みの連投。投げたい奴には投げさせといて泳ぎたい奴には泳がせておけばいいのです。ここ数ケ月散歩や縄跳びで体力向上、体重減少を目論むも、悲しいかな目を見張る顕著な効果はなし。原因は「喰い過ぎ」。まぁ食べたいものも食べれず、やりたい事もやれず、泳ぎたい時に泳げずの人生に何の意味がある?でもほどほどにせねば何事も。

Neba今日は根羽川の小戸名渓谷へ。昔から目をつけていて期待はしていたが潜ってみると透明度は期待したほどではなし。まぁ前日の阿寺の残像もあるからしょうがないっか。しかしあまごが多いのと流れが適度でライジャケラフティングをご堪能。
Equipment前日の阿寺でのアブとの激闘に敗れ副本部長とリベンジを計画。まず相手を知らねばということでアブの生態を研究。動物が出す炭酸ガスに寄って来る。ハッカが嫌い。刺すのではなく皮膚を噛み千切り血を吸う。オニヤンマが天敵。対策は3つ。(1)嫌いなものを装着する②寄るものを離れたところに置く③寄ったら始末する。で今回ハッカ水を試してみました。断言はできないがアブが寄り付かなくなった。それよりも日焼けの肌に気持ちいい。SeaBreeze買うより安上がり。
で、これがスノーケリングセットの一部。①マスク&スノーケル:スポーツ量販店で購入した安物(¥6000+¥2000)。シリコン技術は毎年進化するので毎年欲しくなるが我慢。川には2セットもっていく。スノーケルは近年のギザギザカットでなくこのタイプがお気に入り。②虫コロリアース。アブにも効くとあるがアブは飛び回るため実際使えない。③前述ハッカ油。ドラッグストア4店目で購入(¥600)。④これをを数滴加えた作ったハッカ水。⑤100均で買った線香。1渦で1日もつが効果は不明で気休め程度。⑥GShock。陸が近い川ではあまり意味なし。⑦DiCAPac。普通のデジカメをJIS防水保護等級8級・水深5m防水に変身させるすぐれもの。ビックカメラで¥3800で購入。ボタンが押し易い新型αが欲しいな。⑧100均で買った万能ナイフ。⑨電熱ラケット。ドンキで¥498で購入。アブを打ち落とせるかなぁ?⑩Sea&Ice。強力な曇り止め。これに勝るものなし。ダイビングショップで¥800。
あとこれにマリンシューズ、ライジャケ、デジカメ、タモ、イージーリフトチェア、水筒、食材、携帯、ipod、タバコ、ライター、水着、ウェット上下が加わる。
(2009/8/12)

阿寺川 (長野県大桑村)

夏休みに突入!台風は上陸を免れたが東海大地震の前触れかと思われる地震で東名高速は閉鎖。しかし台風が来ようと地震が来ようと我々RLR(River Lover Rover)には関係ない。泳げる川を探して泳ぐだけである。開始が遅いからと言って終わりを遅くとはできないのが川スノーケラーの宿命である。

Atera今日も阿寺は美しい。数週間前に激流液体チョコレート化した静岡の清流を見てから不安もあったがさすが阿寺君である。また惚れてしまいそう。ちなみに河口は川べりに車で降りれなくなってました。

Atera1今日は阿寺川上流の牛ケ淵で泳ぐことをもくろむが増水で危険と判断し止め。





Atera2で、代わりに白羽の矢をたてたのは熊ケ淵。熊がよく水浴びをしにくるからその名がついたとの説明が。。本当に美しい。。英語で言えばまさにBreathtaking(息をのむ)つぅやつ。。


Atera3水は冷たし40過ぎオッサンたちは熊の如き「ウォー」を連発。しかし数日前のクールビューティ神崎川の冷水に比べればこんなのお湯だ!と気合を入れ水中へ。あまご、いわな、ニジマスを発見しウホウホ。水泡に抱かれながら上でも下でも右でも左でもない非日常の世界に浸る。

Atera4こんなに美しい川でゆったり・うっとり。。と言いたいところであるが、陸に上がれば壮絶な闘いが。そうアブとの闘い。アブが多いのは想定内で今回対アブ用に100均のタモを持参。「誰の挑戦でも受ける!どっからでもかかってきなさい」の猪木スタイルで戦いに挑む。半裸のオヤジは狂ったようにタモを振り回し結果20匹近くのアブを始末するも次から次へと。本当にたまらん。で最終的にはこっちがギブアップ。
Atera5アブに刺されまくり討ち死。ドザエモン化し岸に打ち上げられた副本部長。帰り際アブ対策グッズとしてハッカ油と電気ラケットを求めてドラッグストアとホームセンターを巡る。次回の試合結果はまたそのうち。

(2009/8/11)




















神崎川 (岐阜県山県市)2009

だめです、この夏。天気が一向に冴えません。しかも追い風と思っていたETC割引拡大で高速大渋滞。

Kanzaki今日行ったのはクールビューティ神埼川。本当に美しい川。しかし自然とは本当に厳しいものであるということを痛感。おいそれと容易には人間を受け入れてはくれません。本当に冷たかった。身体を水に慣らし潜るまでに1時間を要す。最初は水に手足を入れると痛みが走り、人気のない山奥で40過ぎたオッサンは耐え切れずに「うぉーっ!イテテテテー」っと何度も絶叫。ウェットなしで人間が泳げる限界。しかも増水して流れ強くて魚影薄し。面白かったのは水温が外気に比べて低すぎて1日中モヤがずっと出ていたこと。アイスクリームを開けると湯気っぽいのが出るあれです。とても幻想的でした。
RLRは九州支部、三重支部、日進支部の3拠点が立ち上がり。夢は全国制服しアレクサンダー大王、チンギスハーンと伴に歴史に名を残すこと!
(2009/8/8)
PS:三重県銚子川魚飛渓で若い命が失われたとのこと。毎回「何で?」と思うが本当に恐ろしいです増水した川というものは。