関西の記事 (1/1)

吉野の旅②.川迫川渓谷

大台ヶ原山下山後、次の山に一番近い天川村へ移動するため、すんごい山道を走る。

017081750
「泳げる川ないかなぁ」と計りながら川迫川(こうせがわ)沿いに車を進めると、どんどん素晴らしい川風情となってきてウホウホ状態。 そしてスゴイ淵に出会い、車を停め覗き込む。 「なんじゃ、こりゃぁ。。。。すげぇー」。 数々の美しい川を見て来たが、ここまでスゴイのは滅多にない。



017081751
吸い込まれる色。 相当深い。



017081752
居ても立っても居られず川スノーケラーに変身し、飛び込む。 潜ってびっくり。 遥か先まで見通せる透明な水に、アマゴ、アユがワンサカが泳ぐ。 深い淵なんて、アマゴが空を飛んでる。 ここまでの美人はそうそうお目にかかれない。 飽きることなく魚と戯れる。
しかし。。。。。ゴミが多い。



017081753
足の状態は、一進一退を繰り返し、完治まではまだまだ。



017081754
流れ込む支流は、イワナ生息の世界最南端の地、永久に釣りは不可。



017081755
御手洗渓谷に移動する。 すごい人。



017081757
若い男女のパーティが引き上げるのを見ていたが。。。。。イスもクツもプカプカ遊具も置き去りに。 駐車場には置き去りにされたBBQの残飯ゴミ袋が。。。車が汚れるのがイヤなら、川遊びに来るな。 こういう人間のエゴが見えるから、人気の川には来たくなかった。 娘には、そういう事をしても何とも思わない男とは付き合って欲しくないし、息子にはそういうことをしようとする仲間がいれば「意地でも持って帰る」側に立って欲しい。



017081758
で、夕食。 カレーパン+レトルトカレー。 両者酸味が強いてイマイチだった。 



017081801
天川村で食料品の調達に出るが、ろくすっぽ店はなく、観光案内所で聞いた「この村一番」に行くも、満足な食材なく、明日の山メシのバナナと菓子を購入。 今日の寝床は、キレイなトイレありの天川村役場。

(2017/8/18)

奈良県川巡り (吉野川、弥山川、みたらい渓谷、高見川、蓮川)

GWと言えば川である。ありがたいことに9連休を頂いた。さぁ、夏の準備をしなくては。で、憧れのみたらい渓谷へ。大阪の川マニアの方からイチオシ情報があり、数年前から行きたかったところ。しかし、どう地図を眺めても、高速道路もなく、かなり行き難い。まぁ、行ってみよう。

Yoshino通称吉野川こと紀の川。吉野川というと四国の吉野川の方が俄然有名である。であるが四国に吉野という地名はないので、こちらの方が本家?



Misen天理からいくつもの峠を越え、「だらにすけ」という謎の看板を横目に見ながら、天の川流れる天川村に到着。天の川の支流弥山(みせん)川をさかのぼる。素晴らしいの一言。美しい。噂に違わない透明度。ちなみに今まで映画館で見た映画で一番つまらなかったのは「天河伝説殺人事件」である。
Misen2弥山川は美しい。岩の様子もいい。しばらく見とれる。





Miyama3弥山川をどんどん上流へ行くと泳げそうな場所がたくさんある。たまらん。





Mitaraiで、みたらい渓谷に戻り遊歩道をてくてく。美しい。さすが国立公園である。しかし、国が作ったものでもないのに国立とはいかに。



Takami帰りは吉野桜で有名な吉野を経由。そこを流れる高見川。よい。










Torataro途中、維新の志士、土佐藩脱藩第一号、天誅組吉村寅太郎の墓を発見。こう見えても明治維新マニアである。若い頃は数回四国を一人旅し、超マニアックな史跡巡りもした。四国の山奥北川村の吉村寅太郎の生地も行った。生地と没地の両方行った人もそうそういるまい。吉村寅太郎を簡単に言うと「超先走った人」である。孝明天皇を担ぎ、大和行幸→伊勢参り→江戸で幕府に攘夷を約束させるを計画したが、はしごを外され、哀れ賊軍のレッテルを貼られ、追い詰められ、ここ東吉野の山奥で没。
Kushidabranch櫛田川を源流側から攻め、支流の蓮川へ。雨が降っておりSサイズの沈下橋も沈む。

社会復帰できないくらいに、タルタルにたるんだ。さぁ、あと1ケ月ちょっとで泳げる。

(2012/5/1)

淀川・寝屋川 (大阪市)

そろそろ毎週の大阪出張も終盤。とりあえず毎週渡る川の写真は撮っておかねばとパチリ。
水があるところに生命はやどり、文明文化が育ちます。ビバかわ。

Yodo_2淀川は琵琶湖から流れ出る唯一の川だそうな。そうです琵琶湖に入る川はたくさんあっても出るのはこれだけらしい。滋賀では瀬田川、京都では宇治川と名前を変え、その後桂川と木津川と合体し淀川に。
Neyagawa_2仕事は大阪城横のイカしたOBP。そこからパチリ。OBPはイカしていても仕事はイカれてる。寝屋川という川があるとはしらなんだ。中津川もあったし、調べてみると加古川というのも実際あるらしい(ほぉっ)。ちょっと歩くと第二寝屋川というのもある。なんじゃそりゃ!?極めて不自然で、極めて人工的な名前。そのうち第三・第四の寝屋川とか第二寝屋川市とかもできるのだろうか?

京橋川・元安川・本川 (広島市)

しらない間に2008年夏は終わってしまった。それはそうと最近出張ばっか。もはや出張が楽しい年でもなく、また出張しても土地のおいしいものを食べるでもなく、夜中までヘトヘトになりながら仕事。よって出張なんてうれしくなし。しかぁーしかねてから原爆ドームというものをこの目で見てみたかったプチ戦争研究家の私としては広島出張はちょっとうれしい。早起きして会議時間まで平和公園でまったり。


Kyobashi広島はたくさん川が流れてます。泊まった京橋川沿いのホテルはきれいでリーズナブルで無料朝食もあり満足。


Motoyasu見た瞬間言葉は出ませんでした。未来永劫残さなければならない負の遺産です。それが世界で唯一被爆国になった日本の責任だと思います。しかも長崎・広島・第五福竜丸と計三度、しかも原爆・水爆の両方。そんな国は世界で唯一日本だけ。感傷的に1時間くらい見つめていました。しかぁしニューヨークから来た金髪のかわい娘ちゃん(死語)とプチ友達になり有頂天。いかんいかんこんな不埒なことをやっていては。。。

Hongawa爆発直後人々は熱風で焼け爛れた身体を冷やすためらこの川になだれ込んだそうです。言葉はありません。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
さぁ恒例になりました2008年MVRの発表です。ドドドドドドド。。。。2008年MVRの栄冠は・・・・「川上川」さんです!おめでとうございます!それでは受賞の喜びを。「えぇ。。ありがとうございました。まさか受賞できるとは。。。。」以上涙に咽ぶ、上から読んでも下から読んでも「川上川」さんでした。
(2008/10/12)

堂島川・土佐堀川 (大阪市)

40度も普通のニュースとして流れる熱帯化した日本。真夏日でない日はほとんどない。生きているのがいやなくらい暑い?いやいやこの暑さに耐えながら汗をダラダラ流すことが快感。体中の穴という穴から汚いものが吹き出て身体が浄化されていくあの錯覚。不思議に汗をかく動物は多くない。20年間毎日欠かさず飲んでいたビールをやめ3年経過。不思議なことにどんなに暑くてもビールは特に飲みたくない。晴れた青空と冷たい川とスノーケルがあればどんな夏も乗り切れる。

Dojimaここ数ケ月ほぼ毎日大阪出張。大阪で生まれた男ですが、何故か大阪とは相性が悪い。嫌な思い出もありあまり近寄りたくない場所。仕事場所は堂島でちょっと歩けば中ノ島。堂島川は中ノ島の北の川。早足のビジネスマンに怪訝な顔をされながらもパチリ。
Tosabori中ノ島の南の川は土佐堀川。すました顔したOLに怪訝な顔をされながらもパチリ。
(2008/7/24)

桂川 (京都府嵐山)

ギリシャ人のエルサを連れて京都巡りをした時の写真です。京都の代表的な「静」を表わす風景です。騒然とした京都の街からちょっと行くとこんな風情のある場所になるのはとても不思議です。和風美人な川です。
Dvc01178

宇治川 (京都府平等院横から)

初めて宇治川を見ました。もっと小さな川を想像していましたが、豊富な水量にはちょっと驚きました。「泳ぐ」という感じではありません。Dvc01160